FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護基盤人材確保助成金

介護基盤人材確保助成金とは、介護事業への新規参入や新規サービスの実施などに特定労働者を新たに雇用したり、必要な雇用管理改善や教育訓練のための事業を実施する事業主に支給されるものです。

これは会社設立等して参入するだけでなく、既存の会社等が介護事業に参入する場合にも適用されます。サービス開始前に事前に改善計画を提出し認定を受けなければなりません。

受給できる要件は次のとおりです。
・雇用保険の適用事業主となること
・介護サービスの提供を業として行う事業主であること
・介護分野における新規創業、新サービス提供等を行う
・創業・新サービスを開始する事業主は創業・新サービス開始前6ヶ月から1ヶ月の間に改善計画と申請計画書を提出する
・計画書等提出後、支給対象期間内に特定労働者を雇入れること
・認定計画に定められた計画期間の最初の日の6ヶ月前の日から支給申請を行う日までの間、事業主都合による離職者を出していない
・介護労働者の人事や福利厚生等の責任者を選任して、掲示板等で事業所内の労働者に周知するとともに、選任届を所轄の労働局へ提出する

特定労働者とは社会福祉士、介護福祉士、訪問介護員1級のいずれかの資格を有し、実務経験1年以上の者。またはサービス提供責任者として実務経験1年以上の者。ただし短時間労働被保険者は除きます。

介護基盤人材確保助成金の受給できる金額は、特定労働者1人あたり6ヶ月で最大70万円になっています。

詳細のお問い合わせは財団法人介護労働安定センターか都道府県労働局まで。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
最新トラックバック
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。